洗顔剤つかってるのに、ニキビ

洗顔剤を見直してもニキビができてしまう

ニキビの原因は、毛穴の汚れや余分な皮脂によりニキビ菌が増えてしまうことにあります。それで、ニキビのケアには正しい洗顔が必要になります。でも、ニキビに効く洗顔剤つかってるのに、ニキビができるのはどうしてなのでしょうか?洗顔剤つかってるのに、ニキビができる理由は、洗顔剤が自分の肌に合っていないということがあります。ニキビ用の洗顔剤は殺菌作用や洗浄作用が強いので、肌の弱い人や乾燥肌の人には合わないかもしれません。肌に合わないものを使っていると、ニキビがどんどんひどくなってしまうことになります。まずは、洗顔剤を見直してみましょう。
洗顔剤を見直してもニキビができてしまうなら、ニキビのもう一つの原因を疑ってみましょう。ニキビのもう一つの原因は、乾燥です。肌が乾燥することで、肌の機能が低下してしまうのです。このような場合、洗顔後きちんと保湿するようにしましょう。また、「ビーグレン」のクレイ洗顔料なら、肌の水分を保つように助けてくれます。